英語の絵本読み聞かせクラス



先日、英語の絵本読み聞かせという

お仕事をバイリンガル講師として

初めて担当させて頂きました✨


今回の教材は

『Don’t shake the present!』

日本訳:ぜったいに開けちゃダメ?



クリスマス前にプレゼントを貰った

ラリー君が、まだ開けちゃいけない箱の

中身が気になって…という内容の絵本です




著者:Bill cotter ビル・コッター

出版社:Sourcebooks Jabberwocky




当日までオーガナイザーの方と何度も

Zoomで打合せを重ね、最終打ち合わせ

までにお互いのアイディアを

持ち寄ろうとなったのですが...



一人でワークショップの進め方について

考えているうちに段々不安に。


・この本の内容だと

 年長さんには物足りないのでは?

・もっと内容が深いストーリーを

 読み込む本が良いのでは?


・どんな風に学びに繋げていこう?

・満足感を与えるにはどうしよう?



仕事で子供達と関わる事がほぼ無い私は

全て「大人目線」で考えており、

まずこの本、楽しいのかな...?と

心配になってしまいました。




行き詰まってしまった私が

ふと思いついたこと。

困った時は「プロに聞こう!!」




友人に幼稚園の先生や現役ママが多く、

すぐさま皆にLINEを。

子供に絵本を読むんだけど

何かアドバイスあるかな??と。




皆から帰ってきた返信は

「楽しそうな絵本だね!💛」

「深く考えないで

 そのまま読めば良いよ!」でした笑



絵本の内容がとてもシンプルなので、

この内容で楽しいのかなと心配で、

どう工夫して楽しくすれば良いのかな

と私は本気で悩んでいたのですが...。




「子供は勝手に反応をしてくれるから

その反応を見ながら一緒に楽しんで

読み進めれば大丈夫だよ〜」と


皆からアドバイスを頂きました。




毎日子供と接している人は子供の目線

絵本を見てくれたこと。

そのギャップに驚きました。

私には、目から鱗だったんです...。


そうなの!?



それまでのモヤモヤは消え去り、

すっと心が軽く感じました。




一緒に楽しむ気持ちを持って読むこと。

それが大切だったんですね。

相談に乗ってくれた皆本当に感謝です💛




そして迎えた当日!

どんな子供たちが来るんだろう!と

ドキドキしていましたが、

子供たちの顔を見たらそんな不安も

吹っ飛びすぐに打ち解けました☺️




絵本を読んでる時もみんな真剣!!

質問すると本気で返してくれる。

次のページ気になる〜?と聞けば

「気になるー!早くー!」と

ジャンプして大変な事に。


※写真シェアの許可を頂いています

・少し恥ずかしがり屋な子や


・ハイ!ハイ!と意見を言ってくれる子


・抱っこして欲しがりな甘えん坊な子


・周りを見ながら行動をする子




一人一人の個性と気持ちが溢れていて

子供の自然体な姿に嬉しくなりました✨



そしてその姿を外から心配そうに

見ているお母様方たち。



空間全体が優しくて、とてもHappyな

気持ちになる時間でした。



私も小さい頃英語の教室に行くのが

大好きで、毎週通うのが楽しかったのを

覚えています。



お勉強をする時間、ではなく

英語を使って遊ぶのが楽しくて。



私に出来ることは

英語の楽しさを伝えること



子ども目線で「楽しい!」と思える事を

一緒に楽しめば良い。

頭が少し固くなっていたようです。



とても新鮮で多くの事を

私が学ばせてもらえた時間でした。



また次回が楽しみです☺️




閲覧数:19回0件のコメント

最新記事

すべて表示